カフェ好きのための資格

知名度の低い資格

デザート

資格取得で新たなステージへ

カフェプランナーという資格をご存知ですか。これはコーヒーなど基本的なカフェでの作業を習得するだけではなく、カフェ経営やプロデュースまで視野に入れたものです。試験内容としては4級から1級に分かれており、それぞれ筆記試験と実際にカフェ実務を行う実技試験を行います。最も上級の1級の試験ではメニューやテーブルデコレーションを問われるなど、より実践的な実力が試されるものとなっています。まだまだ知名度的には決して高いとは言えない資格ですが、自身でカフェを経営したい、あるいは飲食業界やホテルなどでカフェのプロデュースをしてみたいといった方々にとっては、取得メリットの高いものと言えるのではないでしょうか。

カフェプランナーの取得メリット

カフェプランナーとは、日本カフェプランナー協会の認定する資格です。カフェを仕事とする為の美味しいコーヒーの入れ方から、カフェの経営まで様々な知識が必要になるものです。4級から1級まであり、試験内容はそれぞれの級により必要な知識が変わってきます。共通しているのはまず1次試験があり、合格者のみ2次試験を受験し、合格して取得できるという点です。資格取得メリットは、技術や接客だけではなく、店舗運営など、カフェビジネスを体系的にとらえることができるので、カフェ経営の上で役立ちますし、それだけではなく飲食に関わるビジネスの分野でもこの知識や技術があればより活躍できる可能性を秘めています。

↑PAGE TOP